税務で覚える英単語④「circulate with」「PBC」「be in charge of」




今回は税務で覚える英単語シリーズの第4回です。

前回の記事はこちらからご覧ください。

税務で覚える英単語③「VAT」「Tax bracket」「Tax implication」

2017.10.11

では早速今回紹介する英単語を確認しましょう。

頻出英単語

1. circulate with(共有する)

<例文>

I am going to circulate this information with the client.(この情報をクライアントに共有します。)

circulateはcircle(円)から派生して、「循環する」などの意味がありますが、この例文のように「共有する」という文脈でも使用することができます。円状に共有する相手がいるイメージですね。単純にshareでも同じ意味となりますが、circulateの方が通っぽいので私はこちらを使うようにしています。(完全に主観ですが)

2. PBC: prepared by client(顧客提供情報)

<例文>

The attached of this email is a PBC.(メール添付情報はクライアントから提供されたものです。)

これは税務に限りませんが、クライアントから提供された情報は「prepared by client」の頭文字をとってPBCといいます。英語ではこういった3文字程度で略す言葉が多い印象ですね。

3. be in charge of(担当する)

<例文>

I am in charge of Tax Co.(私は株式会社Taxを担当しています。)

自己紹介メールなどではよく使うと思います。これも税務に限りませんね。

まとめ

今回は以下の3つの英単語を紹介しました。

  1. circulate with:共有する
  2. PBC:顧客提供情報
  3. be in charge of:担当する

主にクライアントコンタクトでよく使う単語ですね。会計事務所の仕事はクライアントへのサービス業でもありますので、こちらもぜひマスターしましょう。

税務で覚える英単語③「VAT」「Tax bracket」「Tax implication」

2017.10.11

 

スポンサードリンク